毎月きちんと返すだけではだめなの??

約定返済額を決め、しっかりそれさえ返済していけばローンは完済する、確かにそれは正しいのですがその返済の方法が自分に合っているかどうか、またお得さなどを考えても少し考えておく必要はあるでしょう。

住宅ローンでは最近は繰り上げ返済、随時返済ありきで返済計画を立てる方がほとんどとなっています。少しでもローンの残高を減らすことは、住宅ローンのような大きな金額の借り入れではとても重要なことになります。切り詰めて貯金をし、それを返済に充てるという努力を皆さんしていらっしゃるでしょう。

カードローンなどのように毎月決まった額を返済していく方式では、特に繰り上げ返済や随時返済に関して意識しない方も多いですね。いつかは返済も終わるだろうという気持ちで返済を続けている方もいます。

しかし、一定の返済額から元金と利息を返済するカードローンのような返済方式では、なかなか元金が減っていかずいつまでたっても返済が続くと感じてしまうこともあります。とくに返済当初はなかなか借入残高が減ったと感じず、返済モチベーションを保つことが難しいのです。

毎月の約定返済額に加えて追加で積極的に返済をしていき、借入残高を少しでも減らすようにすることをおすすめします。随時返済がしやすいようにカードローンなどではATMの利用手数料がかからないところを選んでおく、ネット返済で24時間いつでも返済できるカードローンにする、といったことも得策でしょう。

毎月必ず約定返済額を返すことは最低限しなければいけないことですが、それだけでは完済が見えないことも多いのです。とにかく臨時収入などにあわせて積極的に返済していきましょう。