返済シミュレーションのやり方

きっちりと返済計画を立てるためにも、返済シミュレーションは忘れずに行いましょう。ローンなどのサイトには数値を入れるだけで簡単に返済回数から毎月の返済額を割り出す、あるいは毎月の返済額からどれぐらいの返済期間で完済できるのか、といったことを知るシミュレーションが付いていることが多いですね。

シミュレーション専用サイトもあり、元金と利息の割合を返済まで知ることができるようになっているものあり、こういったものも活用して返済計画を立てていくのも大変有効になります。

しかし、実はこれだけではシミュレーションは実際には不足しているかもしれません。というのも実際の返済額を毎月の出費として考えた場合、お給料からどれぐらいの期間一定額を返していくのか、このあたりをしっかりとイメージしていくことが大切です。

毎月の返済額が1万円と聞くと、返済当初は「大した負担ではない。」と感じるでしょう。実際に返済がスタートした一定期間後も負担だとは感じないかもしれません。しかし、それが年単位となってきた場合、必ず1万円を何年にもわたって毎月返済することの大変さを想像してみることはとても重要になるのです。

もちろん返済を引き落としにしてしまえるローンもたくさんありますが、自分のお財布からお金が出ていくシーンを考えてみるのです。数値だけのシミュレーションでも、きっちりと返済計画を立てられる方もいらっしゃるでしょう。しかし、借り入れをしたことがなければ返済の負担がどれほど響いてきてしまうのか、これは想像しておく必要はあるはずです。

返済シミュレーションを様々なパターンで行い、借り入れ先を決めたり、借入額を最終決定したりということの参考にもできるのですが、何よりも自分の収入とのバランスを第一に考えて余裕を持った計画を立てる必要があります。