目的・金額・方法を明確にして借りる

漫然とお金を借りることだけは避けるべきです。なんとなくお金を借りるという状態を続けていると、返済時になってその額に驚くことになってしまうかもしれません。今のカードローンなどは、銀行口座のように簡単にキャッシングできるものも多いのですがその代わりにどうしても借り過ぎてしまうというおそれがあります。

お金を借りる時には、少額であってもその目的を明確にしましょう。「資格取得の講習代と試験代のみ借りる。」「旅行費用の不足を補う。」といったように借り入れの目的を明確にすることで、自然と金額も明確になっていきます。もちろん少しでも少ない金額を借りたほうがその分利息を抑えることができるわけです。

また、借り入れ前にどのように借りるのかという具体的な方法も決めておくことで、お得なローンが選べるはずです。「会社の近くで手数料なしで利用できるATMがある。」「ネットで借り入れをしても、近くに手数料がかからないATMがない。」といったようにどうやって借りるのかをはっきりさせておくと、それにまつわる手数料を考えることができます。

なんとなくの金額をATMの前を通りかかった時にさっと借りてしまう、ということは止めておきましょう。どれほど少額であっても、お金を借りる時にはその返済計画を絶対に立てるべきだからです。

カードローンの利用なら、特に目的などを申し込みの時点で明確にしておかなくても可能になります。だからといってなんでもかんでもキャッシングするということをしていると、とんでもない借入額に到達してしまうかもしれません。